共通テスト解説情報教育全般情報関係基礎

【解説】情報関係基礎 令和3年度 共通テスト 2021 1次日程

共通テスト解説

第3問(選択)

この問題は簡単ですし、イメージもしやすかったですね。

問1

第3問 問1

ア(正解:7)、イ(正解:6)、ウ(正解:5)

表2に値を入れいくとこのようになります。

第3問 表2 記入済み

崖、穴、沼それぞれ条件がありますので、間違いに注意して埋めていけば解ける問題でした。

 

エ(正解:4)

コマNはラウンド5の時点で、12(沼)にいるので、6を出せば、3進むことができて15(ゴール)にたどりつけましたが、4を出してしまったので、2進んで14崖についてしまっています。

 

問2

第3問 問2

オ(正解:7)、カ(正解:1)、キ(正解:8)、ク(正解:9)

出た目から、移動さきのコマの位置を算出するプログラムです。

まず、(01)〜(04)で初期化を行っています。

(03)のKoma[i, r]←1 では、プレーヤー全員のラウンド0での位置を1(スタート地点)に設定していますね。

(05)からは実際の処理です。

(06)でラウンドを+1しています。

(09)では、1つ前のラウンドでのコマの位置をkに代入しています。

(10)では、(09)でkに代入したコマの位置を使って、そのマスの効果値をbairituに代入しています。この効果値は、道マスなら1、崖マスなら-1、沼マスなら0.5、穴マスなら0が入ります。

(11)〜(13)では、(10)の処理後、もしbairituに0が入っている、すなわち穴マスの場合に、出た目によってbairituを変える処理が入っています。穴マスは、出た目が4以上なら出た目の数だけ前進するので、bairituが0かつ、Saikoro[i, r]が4以上ならば、bairituに1を代入します。

(14)では移動するマス数を調べています。マスの効果値(bairitu)と出た目(Saikoro[i, r])の掛け算で求められます。ただし、小数点以下は切り捨てるそうです。

(15)では実際にコマを移動させます。一つ前のコマの位置であるkに、(14)で求めた実際に移動するマス数であるidouを足します。

(16)〜(19)は、スタート地点やゴール地点よりも前や後ろになってしまった時の処理が書かれています。

図2 注釈つき

 

問3

第3問 問3

オバケが可愛いですね笑

今回は、友人のSさんがスゴロクを面白くするためにオバケ👻を登場させたそうです。

コマがゴール方向にオバケを追い抜こうとするとオバケに捕まる」という処理が追加されています。

問3は図3にプログラムが全て書いてあるので、トレースできれば正解できる問題でした。

 

ケ(正解:8)、コ(正解:7)、サ(正解:1)、シ(正解:6)、ス(正解:7)

表4を全て埋めると以下のようになります。

表4 記入済

トレースしてみると、おばけは6〜8の間を行ったりきたりしていることがわかります。

コマの位置ですが、ラウンド4でオバケと同じマスになって、ラウンド5、6はオバケがゴール方向に動くので、毎度捕まります。そのため、ラウンド7でオバケがスタート方向に動くまではオバケと同じマスまでしか進めません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました