共通テスト解説情報教育全般情報関係基礎

【解説】情報関係基礎 令和2年度 センター試験 2020

共通テスト解説

第4問(選択問題)

難しくはないですが、相対参照や絶対参照を考える問題が多く、例年より難易度がやや上がった印象です。

問1

セルF2には各行の売上高を求めるため、販売単価×売上数の、D2*E2が入ります。

 

イウ

SUMIFは第一引数にセル範囲1、第二引数に検索条件、第三引数にセル範囲2がきます。

今回、第二引数には$A2(日付)が入っているので、第一引数にはシート1 売上表の日付が入っている範囲を指定します。この範囲は複写(オートフィル)したときに動いて欲しくないので、$をつけて絶対参照にします。

また、第三引数には合計したい範囲を入れます。セルC2の場合は、E2~E37ですね。ただし、今回、C3~C8だけでなく、D2~D8にも複写するとあります。シート2 集計表(1週間)のD列には1日の売上高が入るので、セル範囲を1列右にずらす必要があります。列側は範囲がずれて欲しくありませんが、横には範囲がずれて欲しいので、E$2~E$37と相対参照にしておく必要があります。

 

エオ

セルC9に入るのは合計値、セルC10に入るのは平均値です。

これらは絶対・相対参照にする必要はありませんね。

そのため、セルC9にはSUM(C2~C8)が、セル10にはAVG(C2~C8)が入ります。

※AVGはExcelだとAVERAGE

どうしても相対参照にする場合は、SUM(C$2~C$8)と行を固定します。選択肢にはありませんでした。

 

セルE2には、その日の売上高が一週間の合計売上高に閉める比率(売上高率)が入ります。

一日の売上高を一週間の合計(セルD9)で割って、パーセントにすればOKです。

セルE2に入る式は、D2/D9*100となります。これをセルE3~E8に複写するので、セルD9は動いて欲しくありません。そのため、行が動かないようD2/D$9*100とします。D2/$D$9*100でもOKです。

 

問2

キクケ

セルD2には、C2に商品コードを入力すると商品名を出してくれる式を入力します。

表検索を行うVLOOKUPは現実世界でもよく使いますね。

余談ですが、Office2019からはXLOOKUPという関数が登場しました。VLOOKUP、HLOOKUPの後継となる関数で、これまで、縦ならVLOOKUP、横ならHLOOKUPと使い分けていた関数を一つの関数でできるようになりました。便利ですね。HLOOKUP関数 – Officeサポート

検索値はC2、範囲は商品一覧表のA2~B12、列位置は2列目ですね。ただし、下方向に複写したときにセル範囲が下にずれることを避けるために、範囲はA$2~B$12となります。

 

グラフを見ながら解答群を確認しましょう。

⓪は9~15の週は日曜日の売上高が一番高いので×

①○です

②売上数はこのグラフからはわからないので×

③8日は7日よりも売上高は低く、18日も17日よりも低いので×

 

30日、31日の週以外は全て月曜日が売上高が最低です。よって当てはまるのは月曜日となります。

 

問3

シス

セルG2には、売上数順位を求めるRANK関数が入ります。

今回もセル範囲を固定する必要があるので、RANK(E2, E$2~E$12)となります。

 

セソタ

売上数と収益が共に上位7位に入っていない商品に◎、どちらかが上位7位に入っていない商品に○を表示します。

I2に入る式は以下のようになります。

IF(AND(G2>7, H2>7),”◎”, IF(OR(G2>7, H2>7), “○”))

同じ行で判定するので、絶対・相対参照にする必要はありません。

 

チツ

当てはまる選択肢を選びます。

C群は収益は低いがよく売れる商品群です。よって、⓪の収益は高くないが、売上数が多いが当てはまります。

 

B群はA群に比べて収益が高くなく、またC群と比べて売上数も少ないです。

よって今後の取り扱いを検討するならばB群ということになりますね。

 

最後に

問題および解答の著作権は独立行政法人大学入試センターに帰属します。

解説の文章および画像等を無断で転載することはお控えください。

質問や誤植のお知らせ、その他連絡につきましてはコメント欄およびお問い合わせフォームまたはTwitterからお願いいたします。

参考文献

  1. POSシステム – NEC
  2. HLOOKUP関数 – Officeサポート – Microsoft Support

 

コメント

  1. やんちゃん より:

    2016年と2015年分の情報関連基礎の解説をお願いしたいです!
    どうしてもいい点数が取りたいんです!バカな私を助けてください!

    • まつしまさんtkmium より:

      返信がかなり遅くなってしまいました。すみません。
      他の方にも返信しましたが、2016,2015については他のサイトさんで解説されている記事が存在しますのでお急ぎの場合はそちらをご覧下さい。
      出来るだけ早く作成しますね。

  2. AKR より:

    2021年情報関係基礎満点取れました。ありがとうございます!!

    • まつしまさんまつしまさん より:

      おめでとうございます!!!
      素晴らしいですね!!!

      • AKR より:

        最高得点の感じだと、一問間違えてしまったみたいですが、第一志望合格がかないました。このサイトを活用した対策が功を奏しました。
        本当にありがとうございました。

        • まつしまさんまつしまさん より:

          第一志望合格おめでとうございます。
          そういって頂けるととても嬉しいです。
          少しでもお力になれたなら幸いです。
          今後のご活躍をお祈り申し上げます。

  3. ぷー より:

    普通科高校卒の浪人生で情報関係基礎を受験しようと思っているものです。独学で取り組む場合、大問2以降の対策でおすすめの勉強法、参考書等があれば教えてほしいです。
    受験する大学では情報関係基礎が使えることは調べてあります。

    • まつしまさんまつしまさん より:

      返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
      普通科高校で学ぶ「情報の科学」もしくは「社会と情報」は専門教科情報ではないので、情報関係基礎の範囲をカバーできていない部分が多いです。
      それでも独学で勉強されるということであれば、別の方にも紹介した通り、以下の勉強法がおすすめです。
      応援します。頑張ってください!

      >もし、情報関係基礎に時間を割けるのであれば、ITパスポート&基本情報技術者試験の参考書を購入して一周読んで、あとは過去問で分からなかった所を調べる辞書的に使うといいと思います。

      >大問1,2はITパスポート&基本情報(午前)で一通りカバーできます。
      >大問3,4は基本情報の午後試験のテキストがオススメです。

      >おすすめの参考書は
      >大問3→うかる!基本情報技術者 午後アルゴリズム編
      >大問4→基本情報技術者らくらく突破表計算
      です。

      >また、選択のおすすめは圧倒的に表計算です。
      >これは、学習コストを考えたときに表計算の方が時間をかけずに身に付けることができるためです。

タイトルとURLをコピーしました