共通テスト解説情報教育全般情報関係基礎

【解説】情報関係基礎 平成29年度 センター試験 2017

共通テスト解説

第2問(必答)

問1

f:id:tkmium:20181001164910j:plain

ア : 4

イ : 2

平成29年の第2問は30年の問題と比べるとやや難しい気がしますね。

f:id:tkmium:20181001195903p:plain

解説では、山折りを実線、谷折りを点線で表します。

問2

f:id:tkmium:20181001165045j:plain

ウ : 7

エ : ⑤30−2k

オカ : 15

キク : 16

ケコ :

A3の紙1枚に4ページ印刷するので、合計28ページの印刷物なら、28÷4=7で7枚使用することがわかります。

k枚目に何ページ目を印刷するかですが、イメージしにくい時は少ない枚数を実際に問題の隅に書いたりして考えるといいでしょう。

f:id:tkmium:20181001202002p:plain

3枚の時でみると、表面の左側に印刷されるのは(14−2k)ページ目であることがわかります。

枚数が増えるごとに(14−2k)の14の部分に+4されていきます。

これより表面の左側に印刷されるページは((4×[全枚数]+2)−2k)と表されます。

よって合計28ページの時は、30−2kで表されます。f:id:tkmium:20181001201556p:plain

合計30ページの時はA4が1枚追加されます。以下の図のようになりますね。

f:id:tkmium:20181001205516p:plain

10枚目の表面の左側にp.26がある場合については、先ほどの式を使えばすぐに求めることができます。

((4×[全枚数]+2)−2k)=26

((4×[全枚数]+2)−2×10)=26

4×[全枚数]=26−2+20

[全枚数]=11

よってA3判用紙を全部で11枚使います。

f:id:tkmium:20181001213809p:plain

問3

f:id:tkmium:20181001165112j:plain

サ : 6

シ : 1

ス : ①表面の右

セ : 4

ソ : 2

タ : ③裏面の右

チ : ①20j−2k+4

ツ : ⑤20j+2k−20

50枚のA3判用紙を用いて合計200ページの印刷物を作ります。

そして用紙M枚ごとの折丁を作ります。

M=3の時

50枚÷3=16.6..(200ページ÷12=16.6…でもいいです)

より、用紙3枚の折丁が16セットと用紙2枚の折丁が1セットできます。

用紙3枚の折丁ということは一つの折丁に12ページが印刷されることになります。

61ページ目は12×5=60なので6枚目であることがわかります。

f:id:tkmium:20181001223734p:plain

f:id:tkmium:20181001223743p:plain

M=4の時も同様です。

50÷4=12.5より、

4枚の折丁が12個、2枚の折丁が1個できます。

M=5の場合は50÷5=10で

5枚の折丁が10個できます。

f:id:tkmium:20181001224747p:plain

jやkという数字が出てくるので、難しく感じられるかもしれませんが、実際に当てはめてみると簡単に解けます。

例えば、上から数えて折丁2番目の用紙10枚目の表面の左側には32、裏面の左側には30があるので32と30になる組み合わせを選ぶといいです。

よって、チは20j−2k+2、ツは20j+2k−20となります。

問4

f:id:tkmium:20181001165141j:plain

テトナ : 546

ニ : ②7, 7, 7, 6, 6

ヌ : ⑤6, 6, 6, 5, 5, 5

9, 8, 8, 8では、9×(9+1)+3×8×(8+1)+80×(4−1)=546より合計546分です。

折丁が5この時は、33÷5=6.6より

7, 7, 7, 7, 5という分け方が考えられます。

この時、折丁作成(分)は4×7×(7+1)+5×(5+1)=254となるので違います。

そのため、次の選択肢として7, 7, 7, 6, 6で試すと題意を満たします。

折丁の個数が6個の時は、33÷6=5.5より

6, 6, 6, 6, 6, 3という分け方が考えられます。

この時、折丁作成(分)は5×6×(6+1)+3×(3+1)=222となるので違います。

そのため、次の選択肢として6, 6, 6, 5, 5, 5で試すと題意を満たします。

コメント

  1. ハシ より:

    こんにちは
    突然のコメント失礼します。
    現在高校3年で今年慶応SFCの情報入試を受けようと考えている者です。

    当サイトの解説非常にわかりやすく、いつも勉強に役立てさせてもらっています。ありがとうございます。

    SFCの情報入試を受けるにあたり、おすすめの教材や勉強方法など教えていただけないでしょうか?
    今は情報関係基礎の過去問を1997年〜2021年分を2.3周解き直しをしたり、他大学の入試問題や基本情報技術者試験の問題を解いたりして勉強してます。

    この他に良い教材や、情報数学関係のパズルのような(?)ものであったりアルゴリズム問題など、どんなに些細な情報でもいいのであったら教えていただきたいです!

    長々とすみません、よろしくお願い致します。

    • まつしまさんまつしまさん より:

      慶応大学の問題は本当に良くできていますよね。
      私もよく定期考査などの参考にさせてもらっています。

      >今は情報関係基礎の過去問を1997年〜2021年分を2.3周解き直しをしたり、他大学の入試問題や基本情報技術者試験の問題を解いたりして勉強してます。
      おお。すごいですね。
      >この他に良い教材や、情報数学関係のパズルのような(?)ものであったりアルゴリズム問題など、どんなに些細な情報でもいいのであったら教えていただきたいです!
      こちらについては後ほどメールにて回答いたしますね。
      応援しています!

タイトルとURLをコピーしました